「 ゲーム考察 」一覧

ゲームそのものやゲーム技術などに対する考察記事を含むカテゴリ。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は攻略情報を見ないプレイをオススメ

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は攻略情報を見ないプレイをオススメ

現在、ニンテンドースイッチの『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をひたすらプレイしています。仕事もあるのでその合間にやっているのですが、確実に睡眠時間を削っていたので現在やや自制モードに入らないとなあと思うくらい。本体のバッテリーがだいたい3時間程度だけど、これもしバッテリー切れがなかったらさらに延々とやり続け...

ニンテンドー3DSのソフトから3D機能がなくなる可能性

ニンテンドー3DSのソフトから3D機能がなくなる可能性

先日、Nintendo3DSの値下げが発表されました。■速報:ニンテンドー3DS 値下げ、8月11日から1万5000円。現所有者には20タイトルを無料配信■任天堂株式会社|ニンテンドー3DSを価格改定前に購入されたみなさまへとりあえずN-styleさんが「アンバサダーってなんだ。日本語で言えや。...

NO IMAGE

ゲームのレビューは発売前評価と発売後評価を分けるべき

映画においては「最初の10分」がとても貴重だという話をよく聞きます。つまり、出だしで観客の心を掴まないと、それ以後途中で見てくれなくなるか、もしくは見てくれたとしても、最初の印象を引きずってしまい、最終的につまらない作品として判断されてしまうからと。しかしこれは映画に限らず、ドラマでも第1回がおもしろくなければ...

『たけしの挑戦状』はどうしてクソゲーになったのかいろいろ考えてみる

『たけしの挑戦状』はどうしてクソゲーになったのかいろいろ考えてみる

QMAのDSをやっていると、連想問題で「伝説のクソゲー」というキーワードでいくつかのゲームが並び、答えが「たけしの挑戦状」になるゲームがありました。しかしコナミ容赦ないな。とはいえたしかに『たけしの挑戦状』は、ゲームの歴史上でも代表的なクソゲーとされています。もっともクソゲーと呼ばれるものにもなり得なかったゲームは、何...

『センチメンタルグラフティ2』が目指したかったと思うもの

『センチメンタルグラフティ2』が目指したかったと思うもの

前回『センチメンタルグラフティ』って今考えると鬼畜ゲーだったよね』で『センチメンタルグラフティ』のゲームシステムにおける鬼畜っぷりに触れました。そこの最後で触れた続編、『センチメンタルグラフティ2』について、今日は語ってみようと思います。 ちなみに、私2は全部はあまりやっていないので(あれを全部やる体...

『センチメンタルグラフティ』って今考えると鬼畜ゲーだったよね

『センチメンタルグラフティ』って今考えると鬼畜ゲーだったよね

「空気を読まない中杜カズサ」のほうで、以下のエントリーを書きました。要約すると、恋愛ストーリーは、主人公とメインヒロインが結ばれる話が大切なのと同時に、その恋愛にかかわってきた他の女性キャラをどう退場させるかが、後味の悪さを残さないかで重要じゃないかってことです。さて、これを書いていて、ゲーム方...

ゲームにおける『カリスマボス』について語ってみる

ゲームにおける『カリスマボス』について語ってみる

「カリスマボス」と言われるものがよく存在します。それは圧倒的な存在感で、敵でありながら人気を博してしまうというキャラクター。たとえば格闘ゲームでは餓狼伝説シリーズのギース=ハワードなんかがそうですね(まあ後にプレイヤーキャラになりましたけど)。で、「カリスマボス」でぐぐってみると、一番最初に出てきたのは『バトル...

NO IMAGE

RMTの持つジレンマ

私はネットゲームをやりません。というのはどうも時間がないのと、ヒキコモリ体質のためにコミュニケーションが苦手なこと(それでもブログとかTwitterだとなんともないのがまた不思議)、あとは仕事関係で、ネトゲにはまりこんでしまって回りに迷惑をかけまくっている人の噂をいくつも聞いているからです(それまではネタだとばかり思っ...

『レイディアントシルバーガン』ラストステージのメッセージ

『レイディアントシルバーガン』ラストステージのメッセージ

ちょっと前に『『源平討魔伝』の隠れた開発者メッセージ』のエントリーで、『源平討魔伝』に隠されたエンディングメッセージがあるというお話をしました。今日はそれの最後で予告した、もうひとつの作品。それはトレジャーのサターン最後の名作シューティング、『レイディアントシルバーガン』。

NO IMAGE

Wii『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』(音楽編)

前回からの続きとして、今回は『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』の音楽について語りたいと思います。(ちなみにこれもコミケ会場で書いていた原稿だったりします)この『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』が、ニンテンドー64で発売された『ゼルダの伝説 時のオカリナ』系統の続編、と感じたというのは...

NO IMAGE

Wii『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』(ゲーム編)

この文章、コミケの会場に持ち込んだノートパソコンで書いたものだったりします。ちなみにそのテキストを見ると『ただいまちょいと会場が落ち着いてきた正午です。なんかシャッターが開いているので寒いです』って書いてありました。だけど来年、もし参加したら買う予定のW-ZEROとか使って会場内からこのブログを更新してみたいで...

スポンサーリンク
About contact
About Sitemap contact