コラム

主にゲームに関するコラムや雑記記事のカテゴリ。

スポンサーリンク
ゲーム音楽コラム

古いCDの裏に記載されているアルファベットの意味は?

近年、時間を見つけては、手持ちのゲームサントラをエンコードし直したり、データ表に打ち込んで管理をしています。 データ表にはタイトルのほか、ゲームタイトル名やコンポーザー名等わかる項目を入力しているのですが、発売日も同時に入力をしています。た...
ゲーム音楽コラム

ゲームサントラの海賊版に注意

ゲームサントラは市販で流通している時期も短いため、中古で購入することになるケースはよくあります(もちろん新品で売ってる頃に手に入れるのが一番ですが)。昔は中古ショップ巡りなどをしたものですが、今ではネットを利用することも多いでしょう。 しか...
ゲームコラム

Nintendo Switchへのバーチャルコンソール実装がない可能性

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が発売から9ヶ月経つのに今も人気が衰えておりません。品薄はだいぶ解消されていますが、クリスマス商戦ではまたかなりの売れ行きを見せることでしょう。 さて、そのNintendo Switc...
ゲーム音楽コラム

強い演出効果となるゲームプレイ中のボーカル曲

今日、ふと読んだこのあたりから、オープニングやエンディング、挿入ムービーではない「プレイヤーが操作をしている時の歌曲『ボーカル曲』が流れるものって何があるだろう」というのを考えてみると、いろいろ面白かったので書いてみることにしました。 ...
コラム

ネット必須化によるゲーム史におけるアーカイブ断絶問題

昨日、以下のようなツイートをしました。 これゲームでも同じことが言えて、ここ10年市場で大きな存在となっていたケータイゲームでさえ、もうプレイ不可能なものが多く、ゲーム史としてアーカイブがないと。しかも性質上、一応ローカル保存可能な電子マ...
コラム

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は攻略情報を見ないプレイをオススメ

現在、ニンテンドースイッチの『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をひたすらプレイしています。仕事もあるのでその合間にやっているのですが、確実に睡眠時間を削っていたので現在やや自制モードに入らないとなあと思うくらい。本体のバッテリーが...
コラム

ニンテンドースイッチの機能的シンプルさはタブレットとの差別化か

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)購入しました。 同時に買ったソフトは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。はじめたばかりでもかなり底が見えない感じなので、『マリオカート』、そして『スプラトゥーン2』が出る...
コラム

ポケモンGOの配信開始が日本で遅れている理由の推測&予測

ここ数日、ポケモンGOがアメリカをはじめとして世界的に話題となっているというニュースを見かけます。そして本日、アメリカ以外の世界26カ国でも配信されたというニュースがありました。 しかし日本においては16日午後9時の時点でいまだ配信さ...
コラム

これから大きくなるであろうネットゲームやソーシャルゲームの保全問題

先日、かつて発売されたけど、再発売、配信しにくいゲームについて書きました。 ここでは権利関係や商業的理由で昔のソフトでも再発売、配信しにくいものがあると書きました。しかし、これらはそれががなしえない場合でも中古を入手することでプレイす...
コラム

レトロゲームの再発売や配信に存在する壁

一昔前までは昔発売されたゲームを遊ぶのは難しく、多くの場合はそのゲームの再版を待つか、あるいは中古を探すかしかありませんでした。一時期中古ソフト問題というのがありましたが、あれも安く手に出来なくなるというよりは、そのような過去のゲームで遊ぶ...
ゲーム音楽コラム

ソフトにCDDAで収録されていたゲーム音楽の思い出

ゲームソフトの媒体にCD-ROMが使われ始めた当初、PCエンジンCD ROM²やメガCD、セガサターンといったハードのゲームやPCゲームではCD-DAで曲を収録していることがよくありました。 CD-DAとは簡単に言えばCDに音楽を収録する...
コラム

はちま起稿問題とゲームメディアの信頼性への危惧

先日ネットでゲーム業界関係者が、ゲームブログ「はちま起稿」の管理人と飲んでいるという写真が出たことにより、ネットでちょっとした目立っております。主には「はちま起稿」が過去、ブログで起こしてきた所業に対し、そことゲーム業界の関係者がつるんでい...
ゲーム音楽コラム

ゲーム音楽作曲家代表作の認識が世代で異なってきた可能性

ゲーム音楽作曲家のササキトモコさん。この方の代表作と言えば何を思い浮かべるでしょうか。『アイドルマスター』シリーズの有名曲、『きゅんっ!ヴァンパイアガール』や『アタシポンコツアイドロイド』を思い浮かべる方も多いでしょう。 しかしながら全く...
コラム

『プレイステーションVR』(PSVR)は3D製品の轍を踏まないか

ソニーから、PS4専用バーチャル・リアリティーシステムPlayStation VR(PS VR)が発表されました。 発売は2016年10月、そして気になる価格は44,980円(税抜)と、ソフトが5本ついてきてこの値段は、想定されていた...
スポンサーリンク