倒産したゲーム会社いろいろ

4月の上旬というのはそんな希望とは真逆のものが溢れる時期でもあります。それは倒産の告知。つまり3月の年度末決算だった会社が山を越せず2度目の不渡りなどを出してしまい、そのまま倒産というパターンが多く、会社や工場の入り口にそれの破産申立の告知と、管財人の連絡先を書いてある張り紙が貼ってある風景も見ることがあります。ましてやこの不況下では、その数も増え、そしてその倒産による取引企業先の資金繰りも悪化し、連鎖倒産となることもあるでしょう。なるべくなら見たくもないそのテのものですが、残念ながら過去、ゲーム業界でもそういったゲーム会社の倒産が何度となく行われてきました。

そこで今日は、そのうち特に有名なものを書き出してみましょう。ちなみに単にゲーム開発をやめたところは多すぎるのもあり、割愛します。

ゲーメスト

※この記事は2009年4月4日時点のものになります。

UPL

古のアーケードゲーマーーには思い出深い名前でしょう。『忍者くん 魔城の冒険』『オメガファイター』など、80年代の名作アクション、シューティングゲームを作り出したメーカーです。しかし、1992年3月に倒産してしまいました。
下のサイトは、その元UPL社員によるウェブサイトとのことで、貴重なデータがあります。

【UPL墓掘り人】 The Legend Begins Oncemore…

東亜プラン

シューターでその名を知らない者はほとんどいないメーカー。タイトーの下請けなどをしながら『飛翔鮫 』『究極タイガー』『鮫!鮫!鮫!』『BATSUGUN』など。ただ、あまりにもコアシューター向けになってしまったのもあり、格闘ゲーム全盛のアーケードゲーム業界の波に押され、1994年に倒産。
現在スタッフはCAVE、タクミコーポレーションなどに所属。東亜テイストを今も尚業界に残しています。

テクノスジャパン

80年代よりアーケードゲームを開発し、『熱血硬派くにおくん 』が大ヒット。その後も『ダブルドラゴン』やくにおくんシリーズやダウンタウンシリーズがヒットする。しかし、そのシリーズばかりに頼りすぎてしまい、末期はかなりアレなものになってしまったのもある。そして1995年12月15日に倒産。
ちなみに中野に自社ビルがあったが、「自社ビルを持ったゲーム会社は潰れやすい」という、当時から言われていたジンクスに当てはまってしまった。
所属していた一部スタッフは、現在でもあちこちで活動しています。

データイースト

説明するまでもないような気もしますが、デコ。コンシューマでもファミコン時代から宮寺三郎シリーズなどを出していた。アーケードの雄だが、『ならず者戦闘部隊 ブラッディウルフ』『チェルノブ』『トリオ・ザ・パンチ』どこかしら変なゲームを作るので昔から有名だった(ただし作りはしっかりしているものは多い)。

ちなみにゲームのみならず会社も破天荒で、しいたけやマイナスイオン発生装置に手を出したことは有名。
1999年11月に和議申請。経営再建もかなわず、2003年6月25日破産。

SNK

もしかしたら一番の大型倒産かもしれないところ。

古くからアーケードの雄として人気があり、90年代の格闘ゲームブーム時には餓狼伝説シリーズ、侍魂シリーズ、KOFシリーズで大人気となります。
しかしその後、自社ハード(ネオジオ)の失敗やアミューズメントパーク経営の失敗が響いてアルゼの子会社となった後、2001年10月30日に倒産。
社員の一部は系列会社のプレイモアに移籍し、版権を取得(このへんのゴタゴタで裁判にもなった)。そこからかつてのSNK系ゲームを出している。

グラムス

会社はマイナーですが、ついでに。

PS初期、千葉麗子を使ったりなどやけに展開が派手なゲーム会社がありました。それがグラムス。正直、クォ・ヴァディス暗いしか知らんのですが。
まあ、PSの初期~中期にはこういう新規参入があって、潰れはしないまでも早々に撤退していった感じがあります。

■参考:グローバルデータ通信→グラムス株式会社のその後 – さて次の企画は

パックス

グラムス出したらこれを出さずにはいられないだろうと。そう、ファミコン時代に『パックスパワーグローブ』を派手な宣伝とともに出した会社です。
どうもあちこちの情報を見てみると、80年代後半のバブル期で膨れあがった不動産関係の会社で、その余った金でとにかくでかいことをやれと言われて上のグローブのほか、宇宙開発とかいろいろ手を出していたとか。
しかしバブル崩壊とともに、会社も消滅しました。そしてパワーグローブの伝説だけが残った。

新声社

ゲーム会社ではありませんが、ゲーム系出版社として有名。アーケードゲーム雑誌『ゲーメスト』を出していましたが、90年頃からゲームグッズショップマルゲ屋などを拡大。しかしそれが仇となり、1999年9月破産。破産の数日後、まだそんな普及していなかったインターネットでも騒ぎになりました。私は数日後にそのビルの前まで行きましたが入り口の破産告知がもの悲しかったですね。

ちなみにいきなりの倒産で、原稿未払いや原稿の未返却が多数発生した模様。

セタ

かつては『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』等を出したものの、経営難でアルゼの子会社に。しかし2009年2月会社消滅。業務はアルゼマーケティングジャパンに引き継がれる。

まとめ

なんだか書いていてまだまだ出てきそうなのですが、あまり明るくない話題なのでこのへんで。その他ジャレコなど名前は同じでも経営母体が変わっているところも多数存在します(ある意味タイトーもそうか)。

この不況ですが、なんとかゲーム会社には潰れずに頑張って欲しいと思います。

『倒産したゲーム会社いろいろ』へのコメント

  1. 名前:飛鳥&飛鳥 投稿日:2009/04/05(日) 15:24:41 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    真っ先に「鋼鉄要塞シュトラール」思い出した。例のアレがシャレにならな過ぎる…。

  2. 名前:FF2400 投稿日:2009/04/05(日) 18:39:20 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 9ca50854f57add44227363ef849e7476
    あとはぷよぷよやザナックで有名なコンパイル。
    新卒取り消しなど話題を掻っ攫った倒産でもありました。
    一番でかいのは、最近のアメリカのミッドウェイ破産だと思います。
    ビデオゲームが出る前からピンボールなんかを作っていた中堅会社で、最近はパブリッシングを積極的に行ってきましたが、金融危機のあおりを食って倒産しましたね。
    我々にはモータルコンバットが一番印象深いです。
    倒産とは違いますが、スクエニが買収したアイドスも死亡寸前でしたね。
    トゥームレイダーやデウスエクス、シーフなど、現在の3Dゲームの礎とも言える本当に有名なゲームを製作・販売していた会社でしたが資金繰りが行き詰っていました。
    出版社ではデジキューブ!
    コンビニでゲームの取り扱い、アルティマニアの発売など世の中を席巻しましたがコレは自己破産しました。
    もうほんと海外まで含めて挙げていけばきりがなさそう。
    でも最近はでかい会社に買収されるってことが多いんですよね。

  3. 名前:匿名 投稿日:2009/04/05(日) 23:54:34 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    http://gamejin.sakura.ne.jp/fami20/maker2.htm

  4. 名前:匿名 投稿日:2009/04/06(月) 19:18:18 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: e863f3c1ee7df3b131ae2f97fc3fe9b7
    ギャルゲー会社『KID』
    PCゲー移植や、オリジナルで結構頑張っていたのに自社ゲームのOVAやら、フィギュアやらで、大赤字後に倒産

  5. 名前:kaz-ya 投稿日:2009/04/06(月) 21:54:21 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: bd41bd935604097ee3b00fce68c55344
    倒産ではないですが
    セガの子会社化、統合の流れはおもしろかったですね
    UGAだけ渋谷に会社あったり
    あそこらへんのスタッフの流れとか知りたいです

  6. 名前:とり 投稿日:2009/04/06(月) 23:00:00 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ヒューマン
    トワイライトシンドロームやクロックタワー面白かったのに・・・

  7. 名前:匿名 投稿日:2009/04/07(火) 00:50:23 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    俺もヒューマンだな
    御神楽少女探偵団がエロゲー化した時はブチギレそうだった

  8. 名前:ばぐ 投稿日:2009/04/07(火) 06:35:31 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    はじめまして。では私も倒産したメーカーをつらつらと紹介。
    ・パンドラボックス
    PS晩期にはコンバートを主軸にした「1980円の超大作(自称)」ことパンドラMAXシリーズを出してたりしましたが、社員を安い給料で酷使したり、システムの悪さや水増し気味のシナリオや、ファンの諫言を「アンチの声」と言い無視して改善すらしない放蕩振りがたたり、「ONI零~復活」発売後にいつの間にか倒産。
    飯島健男氏は後にPNを「飯島多紀哉」と変え、性懲りなく復帰しているがやってる事は全くパンドラボックス時代と変わっていないようである。
    ・マーカス
    かつては「卒業」シリーズ、「センチメンタルグラフティ」などであざとく儲けていたメーカーだが、「センチメンタルグラフティ2」の頃には信者に愛想を付かされ、いつの間にか倒産。
    その後窪田正義氏は「六月十三」とPNを変え、ワンダーファームを設立するが、「おとぎストーリー天使のしっぽ」で平野綾氏を見出した事くらいしか後世に評価できるものはない。

  9. 名前:sika 投稿日:2009/04/07(火) 08:56:33 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    セタやコンパイルが潰れて
    カルチャーブレーンがまだあるのが納得いかない

  10. 名前:匿名 投稿日:2009/04/07(火) 10:08:08 ID:158d3447a

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    倒産寸前といえば、大手ではセガですね

  11. 名前:中杜カズサ 投稿日:2009/04/08(水) 02:15:16 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: b5e831f89cd36132eff5ce8109150550
    >皆様
    まとめてのレスですみません。
    コメントありがとうございます。参考になりました(しかしミッドウェイは破産してたのか……知らなかったし驚いた)。
    ちなみにこのうちのひとつに関しては、調べてまた別のエントリーで採りあげます。

  12. 名前:匿名 投稿日:2009/04/08(水) 22:29:57 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    セガサミーホールディングスが倒産寸前ですか?前期は赤字出してるみたいだけど、株価の水準や自己資本から見ても比較的健全だと思うけど?

  13. 名前:VIPPERな名無しさん 投稿日:2009/04/10(金) 14:29:42 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    倒産ではないがセガやNECがゲームハードから撤退したのは哀しい。
    とくにNECはゲーム自体やらんからな。

  14. 名前:匿名 投稿日:2009/04/12(日) 16:11:24 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    カルチャーブレーンはなぜ潰れないのか

  15. 名前:匿名 投稿日:2009/04/13(月) 11:40:59 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    初めまして。
    倒産じゃないのかも知れませんがT&Eソフトを。
    ディ○ニーに吸収されたとか何とか…