最近いろいろな面で、DSとPSPの立場が逆転してない?

PSP本体がここのところ売れているみたいです。電車に乗っても、昔はあまり見なかったPSPのプレイヤーを割と見るようになりました。まあ、一番の原動力は『モンスターハンターポータブル2nd』でしょうが、DSだけを持っていた人が、価格の割にはその機能性があることで購入に至ったというケースもあるかもしれません。

しかし、最近のDSとPSPを見ていると、なんだかDSとPSPにおいて「あれ?逆じゃね?」と思うことが多々あります。それは上記のような売り上げではなく(トータルではソフトハードともにDSのほうが多いはず)、「目指している路線」的なもの。

ハード発売時のPSPは「ゲームの高スペック化の流れを携帯機にも持ち込む」とか「マルチメディア端末としてのゲーム機」という、高機能思考があったように思えます。対して、DSは「新しい遊び方を持ち込む」というものが思想としてありました。それはゲームから離れてしまった人を呼び戻すというもの。それ故の2画面やタッチパネルという、それまでのゲームになかった新鮮なインターフェイスを持ち出してきました。

結果は、『脳トレ』などの知育系、『おいでよどうぶつの森』などのコミュニケーション系など、新鮮なゲームを生み出し、且つ、それまでのシリーズ(マリオ、ゼルダ、ポケモン)もヒットとなり、DSが社会現象となるほどのヒットを飛ばしました。対してPSPは「ハードはともかく、ソフトは売れない」という、ゲーム機としては好ましくない現象になってしまいました。

しかし、どうも最近発売された両者のソフトを見てみるとPSPでは「ん?なんだこれは」といい意味で興味を惹くソフトが多く出てきています。それは『モンスターハンターポータブル2ndG』のような大作ではなく。具体的には『勇者のくせになまいきだ』『無限回廊』『ニッポンのあそこで』など。特に『ニッポンのあそこで』は、発想の盲点をついたおもしろいもののように感じます。
勇者のくせになまいきだ。 無限回廊 ニッポンのあそこで
この感じ、PSやPS2初期~中期に多く出た、大作ではないけどよくできた「良作」のにおいがします(『スカイガンナー』『ガンパレードマーチ』とかね)。

しかも、今回は珍しいことにSCEがこれらを集めて前に出した広告展開をしているのですよね。上のような『パラッパラッパー』は別としても)宣伝量が少なく、PSでもPS2でも「隠れた(売れない)名作」となっていたので、こういって地味ながらも面白そうな作品が押し出されるのは歓迎します。

反面DSですが、今年に入ってこれといったものがないのですよね。それこそマリオカードをずっと遊んでいる状態。で、何かないかなと量販店に行くと、並んでいるのはこれまでに出たシリーズものか、知育or実用系がほとんど。もしかしたら良作があるのかもしれませんが、埋もれてしまっている感じ。はっきり言ってしまえば、勢いを感じないのですよね。

それで思いました。昔は新しいゲームの楽しみをを提供していたDSは、知育系やシリーズものでマンネリ化してしまって、逆にPSPのほうが新鮮なものが出ているじゃないかと(もちろん某海と腹がつくものみたいなのもありますが)。

何でこうなったか、まずDSですが、任天堂のせいというよりは、任天堂のヒットに追随したメーカーが、知育系、実用系で濫発をするのを抑制できなかったためのような気がします。まあ、そのために任天堂はどんどん新しいものを提供しなければいけなかったのでしょうが、さすがにキラータイトルも一巡した今、『サプライズのインフレ』に陥ってしまっている可能性もあります。特にWiiと違って、周辺機器が出しにくいですからね。

■参考:

任天堂はサプライズのインフレに嵌ったか、それともこれまで以上の驚きを提供するか
最近、コンシューマゲーム業界の動きがちょっとおとなしいかな、という気はします。『スマブラX』以来は、PSPで『モンスターハンターポータブル2nd』と『マリオカート』が売れたくらいでしょうか(まあそれでも十分賑わっていると思えるかな)。あともう少ししたら『メタルギアソリッド4』もありますけど。ただ、例年年末商戦から夏休み...

ただ、64以来任天堂が一番気にする(と言われていた)粗造濫発が起きているのかなあと思うと、皮肉だなあとも感じるわけです。

対して、PSPにこういった実験的なソフトが出ているのは、おそらくPS2市場が衰退した結果、小さなソフトハウスのしっかり作られた地味ながらも良い作品がPSPに移行して出てきたからではないかと。そう考えるとPSPは、PS3よりもPS2の流れを(『スカイガンナー』的な方向で)引きついているのかもと思います。

個人的には、携帯機でも据置機でも、1機種のハードより、複数のハードが競い合っている状態の方がゲーム業界にとって良いと思います。それは寡占状態になることで閉塞的にならず、どちらも向上しようとするし、それ以上にどちらかひとつにしか参加できない小さなメーカーの良作が、そのハードが負けることによって売れなくなってしまうことが防げるからです。もう、各時代のゲームアーツ作品や、セガサターン末期のESP系作品が「隠れた(売れていない)名作」になるような悲劇はたくさんですので。

ま、昔はPSP死亡みたいに言われていたのがそうでもなくなってきたように、このままDSもPSPも勢いが同じと言うことはないでしょう。どっちもいい感じで売れるように、DSでもPSPでも、面白いソフトを待ちたいと思います。

余談ですが、ちなみにDS(PSPでもいいけど)の最近出たゲームで「埋もれているけどこれはいい!」というゲームがあったら教えてください。こういう時隠れているゲームに名作が生まれやすいというのは昔からよくあるので。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事など

『最近いろいろな面で、DSとPSPの立場が逆転してない?』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2008/05/21(水) 01:01:13 ID:589fc6ab0

    SECRET: 1
    PASS: 273ce13a7996ff93dfe18d5d9d81782f
    × モンスターハンターポータブル2nd
    ○ モンスターハンターポータブル2ndG
    ですね

  2. 名前:めー 投稿日:2008/05/21(水) 10:39:22 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: ff92a240d11b05ebd392348c35f781b2
    スペースインベーダーエクストリームが入ってないのがむしろ意外
    DS・PSPで両方違うアプローチで音楽・音響面の見所がある
    ゲーム的にも良ゲー

  3. 名前:Wiz. 投稿日:2008/05/21(水) 19:20:50 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 3d7f8a8bc316059e80f09a65a448343d
    > なんだかDSとPSPにおいて「あれ?逆じゃね?」
    私も同じような事を最近思ってました。
    最初は、PSPは高級マルチメディア端末志向、DSはゲーム機路線で…と感じていたのですが、何時の間にかDSはゲームじゃないソフトが巷に溢れ、最近のPSPのCMのキャッチには「これがゲームだ」なんて出てて「あれっ?」と。(^^;)
    私が感じているのは、任天堂ハード(DS/Wii)には2つの大きな功績があるなぁ、と。(いずれブログのネタにでもしようと思ってたんですが…ここで書いちゃいます)
    1つは、旧来のゲームコントローラ以外の特殊入力デバイス(タブレット、Wiiコントローラ(位置センサ入り?)、WiiFit(重心センサ?))をライトユーザにまで広めてしまったこと。 もう1つは、それに対応させるソフトとして、実用・教育系ソフトが売れる土壌を作ってしまったことだと思います。
    特殊入力デバイスは今まで特定のゲームソフトの操作に対応したものとして発売されたものはいくつもありますが、対応ソフトが限られるので、大きく普及するまでには至っていないと思います。(ハンドルコントローラとかスティックコントローラは汎用性があるのでそれなりに出回ってますが) しかし、発想を逆転してゲーム機にコントローラを合わせるのではなく、汎用性の高い入力デバイスを標準にしといて、ソフトがそれに合わせる…というのは面白いなぁ、と。 最初はゲーム機のような顔して、こんな特殊入力デバイスを数百万台も普及させてしまうとは…任天堂恐るべし!
    また、私の記憶する限り、コンシューマ市場(ゲーム機、パソコン)で、これほど実用・教育系ソフトが売れているのは歴史上初だと思います。 大昔に出ていた教育系ソフトは、大抵ワゴンで投売りか、その後幻のソフトとしてコレクター垂涎のプレミア物となるかのどちらかでした。 これが脳トレが当たって…数百万本でしたっけ? なんだか未だに信じられません。
    ちなみに、最近DSでやってるのは、(ゲームではないんですが)「相田みつをDS」ってやつですw みつを先生の書を見たりなぞったりするだけではなく、自分で好きな文字を毛筆風に書けたりします。 入力精度がイマイチなのかかなりコツがいりますが、コレに面白い標語を書いたりして友人のところに持っていくと結構ウケますw これでSDカードに書を保存したり、他人と交換したり、ポケットプリンタで印刷できると最高なんですがね…(^^;)

  4. 名前:7 投稿日:2008/05/22(木) 02:24:23 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: d4b5a86f73f452acd3d5edbb78366016
    DS好きなんですが、DSのソフトって「ま、DSだし」というような半ば最初から全力投球してこないケースが目立つ気がします。一方PSPはPS2の路線をそのまま受け継いでいるケースが多くしっかり作り込まれてるソフト群はある程度2ハードの路線の違いとなってる気がします。

  5. 名前:MCATM IN THE BATH 投稿日:2008/05/22(木) 16:10:00 ID:589fc6ab0

    [ゲーム]DSの方が市場が守りに入った件

    最近いろいろな面で、DSとPSPの立場が逆転してない? これ、実はその通りだよなあって思います。最近、PSPの方が、仕掛けて来てる印象があります。文中でも触れられている通り、今の状況って「PS1~64~Saturn」時代のソニーのやり方で、僕らがそれを当時熱烈に(?)支持し

  6. 名前:中杜カズサ 投稿日:2008/05/22(木) 22:35:18 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: e8ba97729b80f2cccb477afd61f9fc92
    >管理人閲覧モードの方
    ありがとうございます。
    >めーさん
    こんにちは。
    たしかにエクストリームは音楽もゲームもなかなかでした。
    それと、昨年出たアルカノイドのDS版もなかなか遊べますよね。
    惜しむらくは、それを「アルカノイド」「インベーダー」という名前で出さないで、オリジナルならよかったのに、というところです。まあ今の市場だと仕方ないのかなあ。
    >Wiz.さん
    こんにちは。
    PSPのあのコピーは電車内で見たのですが、一瞬DSソフトの?とも思いました。
    任天堂のデバイスは、あれが「功」にもなった反面、副作用としての「罪」が今、蔓延しているようにも思えます。でも、仮にバーチャルボーイが普及していたとしても、同じようになっていた可能性はあるかなと思います。
    ちなみに知育系でも仰るように楽しめる土壌がありそうなので、それの発展系でも面白いものが出てくればいいのですけどね。
    追記:そいえば先日のM3の折、ご挨拶に行こうかなと思ったのですが、徹夜明けで朦朧としていたのと、あの予想外の混雑のせいで早めに引き上げてしまいました。すみませんです。
    >7さん
    こんにちは。
    >半ば最初から全力投球してこないケース
    これは、制作者の意識か、はたまた経営者のせいか……もしかしたら末期のPSやPS2であった低価格ソフトとかでも見られた現象かもしれません。
    どんなハードでも、クリエイターが思いを入れて作ったソフトには、魅力のあるものが多いと思います。