アニソンとJ-POPにはそんなに違いはないんじゃないかなあと思う話

このようなものがありました。

■アニソンがたった3万枚売れた程度でオリコン3位になる今の腐ったJ-POP ※リンク切れ

「もってけ!セーラーふくRe-Mix001? burning Remixers?」がオリコン3位になったことからのニュースですね。

さてこのニュース、要はJ-POPと分類されるジャンルの売り上げが低下してきて、アニソンがそこに追いついてきてしまったということです。で、タイトルでは「今の腐ったJ-POP」となっているわけですが、そこで思ったことがひとつ。
『アニソンとJ-POPの違いとは何でしょうか?』

ここで、J-POPとアニソンの定義とは何か、というのを考えてみます。

一般的には、

 ・アニソン……アニメで使われている歌。もしくはその関連曲。(イメージソングなど)
・J-POP……日本人が歌っているポピュラーソング。

……ってなところでしょうか。

つか、J-POPって間口が広いと思うのですね。日本人が歌っていればユーロビートもロックもポップスもJ-POPって呼ばれる感じですし。(さすがに『千の風になって』みたいなのは一応クラシック方面で分類されているみたいですが)

昔のアニソンは、それこそそのアニメのことを歌い上げたものが多かったですね。初代ガンダムとかみなしごハッチとか、シーンやキャラ名がそのまま出てくるっていう感じでしたし。

しかし、80年代からそれは少数派となり、なんだかそれをそのままJ-POPとして出せるものが多くなりました。杏里の『Cat’s Eye』とかH2Oの『みゆき』とかあたりからですかね。まあこのころは一応アニメとも名称とかでちょっと絡めてますけどね。

90年代以降はなんだか別にアニメと関係なくてもいいや、って感じの主題歌が多くなります。そして現在、本来普通にJ-POPな曲でも、アニメの主題歌として使われてますよね。ちょうど今日サンボマスター聞いてたんで例に出しますけど、サンボマスターの『青春狂騒曲』もNARUTOの主題歌でしたし。その他挙げればキリがないです。

余談ですが、伊集院光のラジオで「ちびっ子アニソン大集合」っていう、「最近のアニソンは昔みたいにそのアニメを歌ったものではなくて、変にオシャレになっている。だから昔風のアニソンに歌詞を変えてみよう」ってなコーナーがあったなあ……

ってことは、「アニメで使われた曲」をアニソンとするなら、これからもアニソン?ってことになります。しかしだからといってこれらをJ-POPではないとするのは違う気がします。

そもそもJ-POPっていうのは(一応)音楽上の分類であるのに対し、「アニソン」というのは「ゲーム音楽」「映画音楽」と同じようにそれが使われた場に対しての分類となります。ということは、二つがダブっていても矛盾しないと思うのです。

まあちょっとアニソンとゲーム音楽の違いは複雑なのですが、それは過去に書いたのでそのへんで。


そんなわけで、曲だけ聴いただけでは最近のアニソンってほとんどJ-POPと差がないのが多い気がするのですよ。「もってけ!セーラーふく」にせよ、曲調ならこれと似たようなものを女性グループのJ-POPCDとしてリリースされてもそんなおかしくないかなあと。逆に、(感覚的に)アニソンになりそうなJ-POPってのも出ることがありますしね。

売り上げの面ではともかくとして、アニソン、J-POP、どっちの質が高い高くないの問題ってのは、個別の曲の優劣ではともかくとして、ジャンル比較としてはあまり意味がないんじゃないかなあという気がしました。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事など

『アニソンとJ-POPにはそんなに違いはないんじゃないかなあと思う話』へのコメント

  1. 名前:てつ 投稿日:2007/08/21(火) 11:00:13 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    作品タイトルを連呼するようなのがアニソンってイメージがあるのだが、世代によって受け取り方違うんだろうな。
    TMネットワークはアニメとの相性良かったような気がする。バンパイアハンターDにシティーハンター、逆襲のシャアとか。
    作品のテーマ、イメージと主題歌が解離してなけれが誰がどんな曲を歌ってもまたは使ってもいいと思う。
    一般的なJ-POPがアニソンより優れていた点はCD売り上げの数字という結果を出し易かったことではなかろうか?
    ビジネスとして結果が出せなくなった時、J-POPの存在意義ってなんなんだろう?
    アニソンは少なくとも主題歌としての存在理由はあるけど。
    3万枚でオリコン3位ってことは音楽ビジネスでのメディアとしてCDは不向きになってしまっている証拠なんだろうな。

  2. 名前:そら 投稿日:2007/08/22(水) 02:38:31 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    2chのカラオケスレを見たのですが、アニソン=主題歌で使われた曲 って扱いになってましたよ。
    個人的にはアニソン=一般人が聞いたら引く(例もってけ)や、アニメにあわせて作った曲(例 ハヤテのごとく)等と感じてるのですけど。
    あと最近、ツタヤではJ-ロックってジャンルが出来てるみたいです。

  3. 名前:匿名 投稿日:2007/08/22(水) 11:06:46 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    オタの間ではタイアップは別物と考えてる人も多いですね。
    判断はレーベルとかでしてるみたいです。

  4. 名前:匿名 投稿日:2007/08/22(水) 11:37:39 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    議論すべき問題はJ-POPとアニソンの違い、じゃなくて
    アニソンもしくは声優が歌っている、というだけでそこらの大多数の歌手が敵わないような客数を引っ張ってこれてしまうことかなぁ。
    アニメの力を褒めるべきなのか、音楽界全体の力が弱ってきていることを責めるべきなのか微妙なところですけど。

  5. 名前:匿名 投稿日:2007/08/22(水) 16:18:45 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    「J-POPっぽいアニソン」=「ジャンプアニメのアニソン」≒「声優ソング(坂本真綾)」
    「アニソンっぽいJ-POOP」=「大塚愛・アイドルソング」

  6. 名前:匿名 投稿日:2007/08/22(水) 22:18:20 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: abf0b6698ba4e61a0594ac561e40dbf1
    ハッピー☆マテリアルでは毎月発売されているのにすべてが初動3万枚だったので
    毎回オリコントップ10に入ったりしてましたっけ
    水樹奈々の某曲に至っては2万枚台にも関わらず1位でしたし
    もってけ初動6.6万の時なんてV6とたった2千枚差
    何を今さら・・みたいな感じですかねぇー

  7. 名前:中杜カズサ 投稿日:2007/09/04(火) 01:42:19 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: e8ba97729b80f2cccb477afd61f9fc92
    >てつさん
    こんにちは。
    TMネットワークはシティーハンターですね。あれはなかなか合ってましたね。
    最近だと、ハチミツとクローバーの使い方がうまかったなあという気がします。
    アニメと合っていれば基本歓迎だと思います。
    既存音楽は、携帯とかDLとかで多様化していくと思います。まあ多様化する分、かつてみたいにアルバム100万は相当困難でしょうけどね。
    >そらさん
    こんにちは。
    >アニソン=主題歌で使われた曲
    それが一番適当かなって気がします。アニソンと呼ばれた曲をJ-POPと言ってはいけないということはないわけですし(その逆も)。
    下の例も含め、アニソンという言葉にも広義と狭義の意味がありそうですね。
    > NO NAME1さん
    こんにちは。
    これも広義と狭義でアニソンの定義が分かれそうですね。
    タイアップは別物と感じるのは、営業側面優先でアニメに合ってないことが多いからかも。
    >NO NAME2さん
    こんにちは。
    まあ、アニソンが作品に引っ張られる形だってのはありますからね。
    ただ、逆に言うとアニメ視聴者以上の売り上げは多くの場合望めないわけで、MAXはJ-POPより低いと思うのですね。
    その天井が壊れたとき、つまり一般の人もアニソンを普通に聴くようになったときはそれこそ既存のJ-POPが押しつぶされるかも。それがいいことか悪いことかは微妙なところですが。
    >NO NAME 3さん
    こんにちは。
    まさしくそんな感じですね。ただそのうち両者の判断の壁が壊れてくるかもしれませんけどね。
    >NO NAME4さん
    こんにちは。
    J-POPの急降下っぷりが思った異常にひどいですね。
    これを見ると、もうJ-POP風のものを聞くユーザーは、CDではなくて携帯音楽中心になっているのかもと思います。
    アニソンが下がらない理由としては、やはりものを手に入れるというコレクター意識も含まれているからかも。