スポンサーリンク

今まで痺れたシューティング演出の数々(タイトー編)

少し前、不倒城さんに乗っかる形でエントリーを書いたら、反響をいただきました。ありがとうございます。

シューティングのすごさはその演出にもある
 このようなエントリーが。 ■不倒城: シューティングの凄さをわかっていない人が結構多い 上の不倒城さんでは「操作系」に焦点が当てられていますが、シューティングのすごさはそれだけではありません。それは演出面。おそらく不倒城さんや多くのシ...

ならせっかくですし、ここで演出の数々を具体的に挙げてみたいと思います。基本的にシューターではない人への布教用。

尚、タイトーなのは、他のを加えていたら多すぎたので削ったため。あと私の個人的趣味です(もちろんほかのメーカーのシューティングでも、すばらしい演出はたくさんあります)。

 

ダライアス外伝

・ゾーンA、背景を泳ぎつつ、最後に目の前の建物を倒して現れるオニキンメ。

・ゾーンJ、背景を泳ぐ歴代シリーズボスのシルエット

・最終ステージ、途中からフェードインで始まり、サビでちょうどラスボスが登場するよう調整された音楽

・最終ステージ、ボス登場の方法ほぼすべて(乱気流の中心に入り込んだら、その嵐を起こしているストームコーザー登場、鳥が飛び立つ演出の直後、マンボウ登場等々)

その他たくさん。その一例として、捕鯨ルート。

Gダライアス

・ゾーンα、最初音楽がないのにステージ途中からいきなり鳴りはじめて、ボス登場の時にちょうど音楽が終わる。

・ゾーンβ、友軍と合流したと思ったら、クイーンフォッスルに自分以外がやられる。

・G.T.戦前、雷光の中を進んでいると、いきなり雷光で浮かび上がるG.T.
その他たくさん

レイフォース

・全般的にロックオンシステムを最大限に生かした立体感(5面が特に秀逸)

・2面、背景で自分以外が全員やられる。その敵に手が出せないもどかしさ。

・ラスボス登場時の空間ねじ曲がり。
その他たくさん

レイストーム

これはすでに不倒城さんで細かく書かれているので、そちらにおまかせ。

レトロゲーム万里を往く その83 レイストーム

あと、3部目の「レイクライシス」もおすすめ。

 

ガンフロンティア

難しい。けど魅了される

・世界観全体が西部劇風。自機もガン型

・途中で倒したボスと同型機が背景に非常にたくさん見える絶望感。

・ラスボスとの一騎打ち。

その他たくさん。

メタルブラック

これは極論、ゲーム性を捨てて演出に持って言ったというくらいの演出宝庫。代表的なところでは

・曲が変わるところでの曲名表示(おそらく元祖)

・2面で2つ月が出たと思ったら、そのひとつが敵ボスの卵。で、割って出てくる(しかもそこの曲名は「Dual Moon」)

・最終面で背景に流れる過去の歴史。特にモッドアイの猫が有名。

・「あの」エンディング

その他たくさん。

ほかにもいっぱい

ここでは伝えるためにニコニコから引っ張ってきましたが、本当のすばらしさは見ていただけではわかりません。ベリーイージー設定でもいいので、自分でクリアすることをおすすめします。幸いタイトーものは「タイトーメモリーズ」にほとんど収録されていますし。

タイトーメモリーズ 上巻 エターナルヒッツ タイトーメモリーズ 下巻 エターナルヒッツ エターナルヒッツ タイトーメモリーズII 上巻 エターナルヒッツ タイトーメモリーズII 下巻

タイトルとURLをコピーしました