ゲームミュージックにおける派生曲の技法

 ゲーム音楽では、よく「派生曲」が使われることがあります。これはつまり「メインテーマなどをアレンジしたものをもう一回使うもの」で、よくタイトルや初期の盛りあがりの場面で流れた音楽が、ラスボス戦闘の際に使われたりしますよね。例をあげれば『レイディアントシルバーガン』(1面のテーマのサビ部分がその後別の曲中に度々使われる)、『斑鳩』(1面の曲アレンジがラスボス第2形態で流れる)、『天地創造』(ラスボス曲がメインテーマを含む組曲となっている)等。
 他にもギャルゲーならば』『CROSS†CHANNEL』(エンディング曲のサビがアレンジされたものがあちこちに使用)などがあります。さらにメインテーマのオルゴールorピアノアレンジというのは、かなり多くのゲームであたりまえのように使われていますね。
 「ゲームミュージック - Wikipedia」にも書いてありますが、『サガ フロンティア2』『英雄伝説シリーズ』でも同じようなのがありますね。
 しかしこれ、上のWikipediaにも書いてありますが、何もゲームに限ったことではなくて、映画やドラマでは昔から使われるものです。この前書いた『時計じかけのオレンジ』でも、ベートーベンのクラシック曲と、そのテクノアレンジが両方使われたりしてますし(こっちは使われ方が特殊ですが)。
 これは、一度聞いているのもあり、その派生する曲(サビ)が強くなるため、ほとんどの場合盛り上げたいような場面で使われます。その結果ラスボスとか一番盛り上がるシーンで使われるのですよね。
 で、今まで一番この派生曲のタイプで大胆だと思ったのがPC18禁ゲー『アトラク=ナクア』の「Atlach_nacha」という曲。
 これ、10年前くらいの曲ですが、ネット及び同人においてLeaf・Key系列と並んで多くアレンジされることがあったので、ネット歴が古いユーザーは聞いたことのある方も多いでしょう。この曲は終盤に流れる「Atlach_nacha~Going on」という名曲があります。それで面白いものがあったので、ついでに貼っておきます。
 
 で、これに、「Atlach_nacha~Huge battle」というアップテンポアレンジと、「Atlach_nacha~Huge battle・Adoption」というピアノアレンジがあります。ちなみにこの3曲は「アトラク=ナクア3部作」と言われています。これの特徴的なところは、この順番で3曲が順番に流れるところ。ネタバレになるのであまり詳しいことは言えないのですが、それぞれの場面に合うように曲が作られているのですよね。ゲーム中での切り替えのタイミングもかなり絶妙なものでした。そして今思うと、使われ方としても(映画で同じようなのがあるのかわかりませんが)ゲームとしてかなり斬新だったなあと思います。
 そういうわけで、アレンジがよく使われるのは別に音楽の人が手を抜いているわけじゃないということですね。まあ、派生曲は力が強い分、使い方を間違えるとゲーム自体をダメにする可能性があると思いますが。
 最後にもうひとつ。ゲームだと過去のシリーズの名曲がいきなり流れるコトってのもありますよね。Gダライアスのエンディングで「BOSS7」が流れたのには感動したプレイヤーも多かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事など

『ゲームミュージックにおける派生曲の技法』へのコメント

  1. 名前:通りすがりのQui-Qui 投稿日:2008/06/03(火) 05:35:42 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    懐かしい…未来完了from7ですな。もっと古くなるとダライアス2の全面クリア時に初代のステージクリア曲が流れる、とゆうのもありました。あれは超感動した…。

  2. 名前:中杜カズサ 投稿日:2008/06/03(火) 07:49:39 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: e8ba97729b80f2cccb477afd61f9fc92
    >通りすがりのQui-Quiさん
    こんにちは。
    そういえばダラ2でもありましたね。
    あと思いついたのは『メタルブラック』のラスボス戦で、それまでのダイジェスト音楽が使われるのもすごい演出でしたね。

  3. 名前:たちばなみお 投稿日:2008/06/03(火) 09:38:43 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 7595522422b61b9610b3828738aa7e16
    派生曲といえば、やはり「ジーザス」を忘れるわけにはいかないかと。ドラゴンクエスト4のエンディングも大好きですけど。
    あと「妖星乱舞」は、初めて聴いた時は笑うしかなかったです。
    でも過去作品の曲については、個人的にはアレンジに労力を割くぐらいなら新曲が聴きたい、派です(悪魔城シリーズとか)。
    あーでもドラゴンクエスト3はちょっと泣いたです。
    しかし中杜さん、ホント天地創造が好きなんですね。
    自分はラスボスのアレでガードするのに気づかず、しばらくクリアできなかったのがプチトラウマです(笑

  4. 名前:K 投稿日:2008/06/03(火) 12:35:00 ID:165557ae9

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    DQ3といえば勇者の挑戦がアレフガルドにてのアレンジって話だっけ

  5. 名前:通りすがりのirei 投稿日:2008/06/03(火) 14:28:30 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 158628947fbce166f115f1cff1f3a5dc
    初めまして。派生曲やフレーズを別の曲で繰り返す事でゲームの
    印象を深くしたり懐かしさを演出のゲームは多々あります。
    DQやFFは顕著ですが何度聞いてもいいものですね。
    TAITOさんのPu・Li・Ru・Laは、初回面の曲後半がED曲後半と
    同じでした。 私的に印象深いのは ドラゴンセイバー 。
    前作 ドラスピED曲1フレーズをそのまま続編OPに使っていて、
    最初にゲーセンで聞いた時、鳥肌が立つと同時に
    「これは反則でしょ」 と思わず笑ってしまいました。
    >過去のシリーズの名曲がいきなり流れる
    関連で、「引用曲」 も印象深い物が多いです。
    確信犯的で有名なのは RIDGE RACER 2 の RARE HERO 2 で
    NEW RALLY X がモチーフであったり、A-JAX未使用の1曲
    (サントラ収録)は、1曲丸ごと MSX F1-SPIRIT で使用されたり
    あるファミスタシリーズのナムコットニュースでは
    BurningForceのWinnersが使われていたりしましたね。
    極めつけが RIDGE RACER 6 の Galactic Life 。
    モチーフの塊みたいな曲でナムコニアンには堪らない1曲。
    聞いてこれは何処のSE、何の曲と当てるのも面白いです
    オールドゲーマーにお薦めです。
    (RRはVでSAMURAI ROCKETSが源平討魔伝でしたし
    もう「伝統的にそう」なのかもしれませんね)

  6. 名前:匿名 投稿日:2008/06/03(火) 18:09:02 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    第9が劇伴として一作品の中に複数の編曲で登場している点もさることながら、第9自体、第4楽章で第1~3楽章の旋律が出てくるところもこの話題の中では面白い特徴ではないかと。色んな意味でメタな感じ。
    ゲーム音楽界隈でアレンジ(編曲)って言葉は便利なんですが、モチーフの再登場は必ずしも編曲の領域ではない気がします。
    しかしWikipediaのゲームミュージックの項は何年も前からですがウンザリな内容ですね。いじろうにもどこから手を付けていいやら。
    > A-JAX
    GMOかキングか忘れましたが、どっちかには入ってたような。
    > ファミスタ
    KAWAGENさんが担当だったりする関係ですかね。
    > Galactic Life
    典型的オールドナムコとは時代の違うギャラクシアン3まで入ってるのが素敵です。

  7. 名前:中杜カズサ 投稿日:2008/06/14(土) 22:28:57 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS: e8ba97729b80f2cccb477afd61f9fc92
    >たちばなみおさん
    こんにちは。
    すぎやま先生はもともと映画とかドラマを担当される方なので、その技法を知り尽くしていたかも。
    ちなみに天地創造の普及は、このブログの存在意義のひとつとくらい思ってます。
    >K さん
    こんにちは。
    そういえば交響曲ドラゴンクエストIIIのラスボス曲には、アレフカルドのフィールド曲が一瞬流れるのに感動しました。
    >通りすがりのirei さん
    こんにちは。
    プリルラは、ボス曲が全部そのボスにあった雰囲気のアレンジでしたね。
    ニューラリーXのあの曲は、既にナムコの伝統曲になっているような。もじぴったんとかにもありましね。
    >NO NAME さん
    こんにちは。
    第九は本当にいろいろ興味深い、と思う時計じかけのオレンジファンな私。
    まあWikipediaは編集をみんなで直してナンボですので、少しずつ直していけばいいのではないかと。