逆再生時に仕掛けがあるゲーム音楽

音楽の中には、通常の再生ではなく逆に再生をかける、すなわち「逆再生」をすると、通常は音がまるで変わってしまうので曲になりません。しかし、中にはそこに隠しメッセージや曲を仕込んであるものというのが存在します(これは空耳でそう聞こえる、というものではなく、本当に制作者が意図して仕込んであるというものです)。
有名なところでは、アニメ『ドラゴンボールZ』のエンディングテーマ「でてこいとびきりZENKAIパワー!」の出だしに隠された、隠しボイスがあるでしょうか。


しかし、ゲーム音楽の中にも、逆再生をすると中に思わぬものが仕込まれている場合があります。

BEMANI曲『Go Beyond!!』にコンポーザー名

BeatmaniaⅡDX の『Go Beyond!!』を逆再生すると「COLLABORATION「R・Y・U」「S・O・T・A」という隠されたボイスが聞こえるというネタ。これはこの曲の作曲者であるRyu☆氏とSota Fujimori氏のこと。


ポップンミュージック「GALAXY FOREST 11.6&12」逆再生時の音楽

同じくBEMANIシリーズのポップンミュージックの曲、「GALAXY FOREST 11.6&12」(旧ジャンル名はスクリーン。難易度高い)。これを逆再生で聴くと……?

普通再生時とかなり似ている音楽が流れます(全体というよりは、セクション毎の音楽が正逆似ているという感じ)。これは公式発表が見当たらないので意図してのものかわりませんが(意図してなかったらさらにすごいが)。

ポップンミュージック「uən」逆再生時の音楽

ポップンからもう一曲。ポップンミュージックポータブル2発の「uən」(旧ジャンル名:リナシタ)という曲があります。
さて、この曲より前、ポップンミュージック15でボス曲として出た「neu」(旧ジャンル名:ニエンテ)という曲があります。

これをふまえた上で、「uən」の逆再生を聴くと……。

要所でニエンテのフレーズが仕込まれているのがわかります。
この曲の場合、そもそもコンセプトが「neu」の対になる曲ということなので、意図されてのものでしょうけど、こういう風に構成されるのはすごい。

ダライアスバースト クロニクルセイバーズの『Departure』の逆再生には

『ダライアスバースト アナザークロニクル』』の道中曲、Departureを逆再生すると……。

【ダラバーAC】erutrapeD【逆再生】 – ニコニコ動画:GINZA ※動画貼り付け出来なかったのでリンクで

『ダライアスバースト』初代の代表曲のひとつである最終ステージ曲「The world of spirit」とそっくりの曲が流れるという仕掛けが。しかもかなり精度高いという。
ちなみに「Departure」は『COZMO ~ZUNTATA 25th Anniversary~』の初回限定版ディスクに収録。
B0090S4E5K

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』の「ロウラル城」逆再生時

3DSゼルダの伝説である『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』の「ロウラル城」という曲があります。これを逆再生すると……(たぶん3:14くらいのがいちばんわかりやすい。表の音ではなくて裏で流れている音を聞く感じで)。


他の音と重なっているので少しわかりにくいかもしれませんが、神トラ初代をはじめシリーズでおなじみ「ハイラル城」の曲が盛り込まれているという。
この曲はクラブニンテンドー特典であった『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 サウンドセレクション』に収録。

『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』の「女神の詩」逆再生時に聞こえる音楽

これはかなり有名かもしれませんが。
『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』のメインテーマ(すごいいい曲だよね)である『女神の詩』を逆再生すると……

こちらもゼルダシリーズでおなじみ「ゼルダの子守歌」が仕込まれているという。

ちなみに『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』のサントラはいまだに出ていないので、そろそろ出して欲しいと思っているのですが。ただ、「女神の詩」は、『30周年記念版 セルダの伝説 ゲーム音楽集』に収録されています。
B01JOB636K

まだ見つかっていないものもあるかも

これらのすごいところは、少なくともそれ自体が音楽、そしてゲームで使用するにあたって不自然にしてはいけないゲーム音楽であることです。それらの曲として不自然になってはいけないという条件を満たしつつ、こういうように逆再生で仕込むというのは、かなりのものです。

この手の逆再生ネタは、いわゆる「イースターエッグ」の側面が大きいのでしょうね。故に別に発表するでもなく、作曲者のお遊び的に入れられて公式には発表もされなかったものものも多数あるでしょう(前述の女神の詩も、発覚するまで作曲者しか知らなかったようですし)。つまり、まだ判明してないだけで隠れているものが、ゲーム音楽の中でもまだまだあるかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事など