スポンサーリンク

「PRESS START 2007」レポート(Part3・第2部)

Part1、Part2の続きになります。読んでない方はそちらからどうぞ。

「PRESS START 2007」レポート(Part1・開場前)
本日、横浜で行われたゲームミュージックオーケストラコンサート「PRESS START 2007」に行ってきました。というわけで、記憶が鮮明なうちにレポートを書きたいと思います。 ちなみに1回では書ききれないので分けます。 ...
「PRESS START 2007」レポート(part2・第1部)
Part1の続きになります。読んでない方はそちらからどうぞ。

 


20分の休憩を挟んで第2部。

最初は横浜会場のみのセガのバンド[H.]。当然[H.]なのでオーケストラではなくてバンド。そして名曲デイトナ。

良かったんですけど、どうもクラシック会場だとゲストっぽくなって持ち味が出てない感じも。やっぱり[H.]はライブハウスとかの方が光ってる感じはします。クラシック会場だとどうしても客との距離が遠くなってしまうのもあるのでしょうし。というわけでまたライブ希望。っていうか、今回のクラシックみたいに、メーカーゲームいろいろ混ぜたライブを聴きたいですね。

 

そしてMC挟んで次は『クロノ・トリガー』。というか、これはもう語る必要がないくらいの名曲。しかもオーケストラとの相性が抜群ですね。あと映像もなかなか良かったし。

しかし今回旧スクウェアの音楽が少ないな~と思っていましたが……それはまた後で。

 

その次は『The Elder Scrolls IV:Oblivion』。洋ゲー。名前は知ってるけどやったことないのでよくわからないのですが、なんか普通のクラシック聴いている感じがしたなあ。

次は『スーパーマリオブラザーズ』のコースBGMメドレー。ある意味、ゲーム音楽のオーケストラでは後で出てくる任天堂のアレと並んで定番かも。ちなみにかつてすぎやまこういちさん主催で行われていた『ゲーム音楽コンサート』でもこの曲はあったのですが(CD化もされましたが、今は廃盤)、これと聞き比べるとなかなか面白い。ただ、バラエティ的な面では後者の方が海面とか地下が混じっているので面白みがあったかなと。まあそうはいってもこっちもわりとよかったと思います。

 

次は『悪魔城ドラキュラ』メドレー。こっちにはちゃんとゲーム画面が流れてました。しかしパンフにここだめ(c)が多いのはまあコナミらしいかも。

ドラキュラシリーズをまとめて聴いたのははじめてでしたが、これがなかなか。しかもクラシックとの相性がいいですね。コナミはシューティング系とメタルギアが目立ってましたが、ここにも名曲があったなあと思い出しました。

 

さて、司会が横山智佐さんだったので、あるかなと思っていたらやっぱりあった、ボーカル付『檄!帝国華撃団』(サクラ大戦テーマ曲)。つかストレートでした。もうちょっとクラシック風にリミックスしてもいいかなとは思いましたけど、まあPRESS STARTでは[H.]のライブもあるんだし、別にくらしっくにこだわらなくてこういうのもありかなと。

ちなみにクラシックとの相性という点では、「御旗のもとに」(サクラ3テーマ曲)のほうが強いかも。横山さんの歌が悪いという意味ではないですけどね。

 

ラストは『キングダムハーツ』。映像は……まあねえ。これはクラシック的でしたね。占めにはちょうどいいというか。ただ、残念なことに個人的に印象がちょっと薄かったのが残念。なんでだかはわからないのですけど。

 

そしてアンコール。1曲目は去年演奏されてアンケート人気NO.1だった『ゼルダの伝説』メドレー。うん、これは文句なしに名曲です。しかしこれもすぎやまこういちさんの前述のゲーム音楽コンサートにも使われたりで、定番になっていますね。なんだかこれからのクラシックコンサートで、これのアレンジの仕方が課題曲みたいになったりして。トワプリの曲とかも混ぜてね。

 

ちなみに去年同様よかったと思います。

そしてラストは、FFシリーズの中でも有名曲『片翼の天使』こと『One-Winged Angel』。これを植松さんのバンドであるThe Black Magesとオーケストラのセッションで。FF系のコンサートでは盛り上がる曲ですので、もちろんその出来は保証されていました。特にコーラスの質感は一番すごかったです。これで〆はかなりいい感じだったと思います。

 

さて、総合的にですが、 まあ好みもあるとは思いますがちょっとばらつきがあったかなあと。悪くはないんですけどね。まあそれも味だと思います。このコンサートはゲーム音楽を型の決まったクラシックで、というものではなく、ゲーム音楽をクラシックも交えて様々な可能性で聴かせるイベントだと感じましたので、今の姿勢のままいろいろなことをやっていく方向でいいんじゃないかと思います。ゲーム音楽系の純粋クラシックなら他にもイベントありますし。

おそらく、来年もやってくれると思うので、その際には是非またシューティングメドレーみたいに面白いのを。あと、5重奏楽団とかの規模でもいいので、小規模なのをこまめにやってくれると嬉しいかなって気もしますね。

タイトルとURLをコピーしました