希望が多いのに出ていないサントラの傾向

最近、ゲーム音楽のことにあまり触れていないと気づき、このままではブログの存在意義がなくなるというので今日はサントラの話でも。

さて、前からたまに触れるたのみこむのサントラ化希望リクエストを改めて見てみました。この中には出たけど再販希望とか、既に出ているけど販路拡大とかのリクエストもありますが、主にはまだ出ていないもののリクエストです。で、ちょっと傾向があるように思えたので、見てみましょう。

任天堂系

『ファミコン探偵倶楽部』『星のカービィスーパーデラックス』『ゼルダの伝説トワイライトプリンセス』『ゼルダの伝説夢をみる島』『スマブラX』等々……かなり多くが任天堂系で占められています。これは良い曲ばかりなのに、サントラとしてなかなか発売されないからでしょうね。

以前からちょくちょく書いていますが、任天堂はどうもサントラを重視していない感じなのですよね。理由はどうやらそれだけでは需要が低く、割ける手間や人員がいないことと等があり、その手段としてクラブニンテンドーや雑誌の付録として提供していると。

まあ最近はアニプレックスからASHが出たり、ややましになってきたかなあとは思いますが、それでも足りないです。

マイナーRPG、SLG系

『ヴィーナス&ブレイブス』『サーカディア』『サンサーラナーガ1・2』『クーロンズゲート』『ガイア幻想記』など。つまり、大作ではなく、知名度もFF、DQなどに比べてそこそこだけど、内容が良く、隠れたファンが多いもの(でもサーカディアってファン多いの?知らなかった)。特にスクエニみたいな自社CD販路をもっていないと、これらはキツイでしょうね。だからこそ、埋もれないために出して欲しいのですが。

つか、『天地創造』の完全版サントラを……(この訴えはブログがつつく限り続けてゆくつもり)。

シューティング

シューティングは固定ファンが多いので比較的出やすいですが、それでも出ていないモノにはリクエストが集まります。特に『斑鳩』『罪と罰』が目立ちますね。

つ別にそのままでもいいので、出してくれると嬉しいのですけど>トレジャー様。

昔出たのが不完全だったもの

先の『天地創造』もそうですが、フルではなくて抜粋型だったものなどは、リクエストが出てますね。確かちょっと前までは『ラグナロクオンライン』の完全版を出して欲しいというリクエストもありましたし(初代サントラはいろいろトラブルがあった)。あとは、再販リクエストが多いですね。

というわけで、任天堂がどうにかしてくれればかなり解決しそうなのですけどね。……ん? いや、もしかして今度出る『Wii Music』では、こういった要望に対して驚きのものを提供してくれる可能性は……期待してはいけないですか?

スポンサーリンク

フォローする

関連記事など